« ペリオクリン報道 | トップページ | GCの新しいフロアブルレジンのチラシ »

2008.07.10

オッセオインテグレーションしない即時荷重インプラントなんか異物って以外になんか意味あるのでしょうか?

僕自身はインプラントはやらないので雑誌とかに載っている症例報告も、すげぇなぁ位にしか見ていないです。いろいろと考えては見るのですが、あれはかなり難しい(1)ので手を出せないってのが現時点の感想です。

まず、植立時の方向、ホールの大きさ、位置や骨密度などに加えて、ドリリングのスピード、注水する水の温度、機械の温度(温度が高くなると骨細胞が壊死するため生理食塩水だけでなく、植立するインプラントボディやバー類も温度を下げておくのが理想的。)なんてあたりは僕でも思いつくので一流の先生なら恐らく注意する点を100も200も持っているものと思われ。

で、表題ですが例によって検索徘徊してたら、「即時荷重インプラントは取れてくる事があるけど再度植立したら問題無いっす。サーセンwwwwwwwww」って書いてあるblogがあった。

とりあえず取れてくるインプラントなんざ、異物って以外になんか存在意義があるのでしょうか?オッセオインテグレーション命だろうしそのためにやるもんだと思っていたのですが、ご存知の方は教えてください。



1.難しいというか患者が望んでいるインプラントってものとこっちの認識はズレているものと思われ、ついでに僕が望んでいるインプラントは現時点では存在せず実現可能性の低いものですし、こう書いておきます。
やってない理由は以前に書いているのでご確認を。
臼歯部インプラントは結構な確率で動揺かインプラントボディの露出をしているというのを見てきているので、ああ書いたのですけれどもね。

|

« ペリオクリン報道 | トップページ | GCの新しいフロアブルレジンのチラシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57373/41790845

この記事へのトラックバック一覧です: オッセオインテグレーションしない即時荷重インプラントなんか異物って以外になんか意味あるのでしょうか?:

» 日本で数名しかできないインプラントの技術 [あなたのお口の設計士が描く 未来の口内環境]
日曜日は大阪にて、インプラントの最新技術を他の先生方に講習するインストラクターをしてまいりました。プラトン認定のインストラクターとして、お世話になっている水口先生と一緒に行わせていただいた講習会は・・・満員御礼でした。... [続きを読む]

受信: 2008.07.11 20:59

« ペリオクリン報道 | トップページ | GCの新しいフロアブルレジンのチラシ »